読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケドラSS

ゲーム系SSをまとめます

【ポケモン】リーリエ「せっかくカントー地方に来たので>>3をします」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 16:48:34.89 id:tpsca4Ji0
リーリエ「マサキさんのおかげでお母さまと毒が無事に分離、しばらく入院することになりましたがこれで一安心です」


リーリエ「それでせっかくカントー地方に来たので>>3をしたいと思います」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 16:51:56.33 id:XNcA8KbYo
レッドのじたくに押しかける

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 16:55:06.82 id:tpsca4Ji0
リーリエ「カントー地方最強のポケモントレーナーさんに会いに行きましょう!」


リーリエ「確か場所はマサラタウン、あのオーキド博士がいる町でしたね」


リーリエ「一応連絡は取っておきましょう、後で色々お世話になるかもしれないので」


リーリエ「それじゃあ早速行きましょう。マサラタウンに!」

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 16:58:33.01 id:tpsca4Ji0
マサラタウン


リーリエ「ふぅ…。ここまで来るのにかなりかかりました。まさかバスが一日4本しか通ってないなんて…」


リーリエ「でもやっとつきました。アレがレッドさんの家ですね。家が二つしかないのですぐわかりました」


リーリエ「さて…」


リーリエ「スーハー…」


ピンポーン


ガチャ


レッドのママ「はい、どちら様?」


リーリエ「あの、私、リーリエと申します。唐突ですいませんがレッドさんはいらっしゃいませんか?」


ママ「あら?レッドに会いに来たの?あの子は今↓2」

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:08:31.85 id:yLBvDVnU0
シロガネ山にいる

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:11:41.85 id:tpsca4Ji0
ママ「またシロガネ山へ山籠もりしているのよ」


リーリエ「シロガネ山?」


ママ「ここから結構離れたジョウト地方にある山でね」


ママ「並のトレーナーやかなり強いトレーナーじゃ手も足もでないポケモンがたくさんいるんですって」


ママ「だからごめんなさい、レッドに合わせることができなくて」


リーリエ「いえ、こちらこそどうもありがとうございました」



リーリエ「はぁ…。せっかく会えると思ったのに残念です」


リーリエ「仕方ありません。オーキド研究所に行きましょう」

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:14:48.73 id:tpsca4Ji0
オーキド研究所


オーキド「おお君がリーリエ君か、電話の後ククイ君から話は聞いたよ」


オーキド「とても優秀な助手だと聞いたよ」


リーリエ「ありがとうございます」


オーキド「それで、今回来た目的は当然」


リーリエ「はい!初心者用のポケモンをもらいに来たんです!」


オーキド「うむ、そうだと思ってすでに用意したよ」

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:16:40.38 id:tpsca4Ji0
オーキド「これがキミが選ぶ三匹のポケモンだ」


オーキド「↓2、↓3、↓4」


オーキド「この中から一匹好きなの選ぶのじゃ」


リーリエ「それではこの子をいただきます!」


コンマ安価

00~32なら↓2

33~66なら↓3

67~99なら↓4

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:20:25.29 id:tpsca4Ji0
オーキド「これがキミが選ぶ三匹のポケモンだ」


オーキド「↓2、↓3、↓4」


オーキド「この中から一匹好きなの選ぶのじゃ」


リーリエ「それではこの子をいただきます!」


コンマ安価

↓5のコンマが

00~32なら↓2

33~66なら↓3

67~99なら↓4

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:22:14.16 id:QaIoDIdiO

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:23:08.84 ID:Ow+xJHHrO
らっ

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:26:14.63 id:tpsca4Ji0
オーキド「おお!フカマルを選んだか!」


オーキド「このポケモンは本当に元気がいいぞ!」


リーリエはフカマルを手に入れた!


リーリエ「よろしくお願いしますね、フカマルさん!」


フカマル「マル!」


オーキド「こいつは元気がいいが撫でるときには気を付けるんじゃぞ、鮫肌で傷が付くかもしれんからな」


リーリエ「わかりました、気を付けます」


オーキド「それじゃあ、頑張って立派なトレーナーになるんじゃぞ!」


リーリエ「はい!」

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:29:16.11 id:tpsca4Ji0
一番道路


リーリエ「…最初のポケモンは貰ったのはいいんですけど」


フカマル「マル~」


リーリエ「どうしたらいいんでしょうか。やっぱ普通にバトルをしたら…」


リーリエ「でも私、バトルなんて今までやったことが…」


リーリエ「…いいえ、何度もあの人のバトルを見てきたんです。だからきっと私でもできるはずです!」


フカマル「マル~」


リーリエ「そうと決まれば早速バトルです!草むらの中に入ればポケモンがでてきて…」


ぴょん!


↓2が現れた!


リーリエ「ひゃあ!」ビクッ!


リーリエ「い、今までずっとスプレーで避け続けていましたから急にポケモンが出てきてびっくりしました…」

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:33:59.96 id:yLBvDVnU0
ジガルデ・コア

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:38:29.79 id:tpsca4Ji0
ジガルデ・コア「オロロロ?」


リーリエ「あれ?なんでしょう、これ」


ジガルデ・コア「オロロロ」


リーリエ「初めて見るポケモンですね。なんでしょう?」


リーリエ「あ、そうです。こういう時こそさっきついでにオーキド博士から貰った図鑑で」


データなし


リーリエ「データなし?まさか新種?それとも…ウルトラビースト?」


ジガルデ・コア「オロロロ」


リーリエ「う~ん、何なんでしょうこのポケモン?」


ジガルデ・コア「………」


リーリエ「とりあえず、戦ったほうがいいのでしょうか?」


ジガルデ・コア「↓2」


リーリエ「え?」

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:40:00.85 id:XNcA8KbYo
がんばリーリエ

 

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:43:28.59 id:tpsca4Ji0
ジガルデ・コア「がんばリーリエ」


リーリエ「え?」


ジガルデ・コア「余はいつでもお主を見守っておるぞ。」


リーリエ「しゃ、喋った!?」


ジガルデ・コア「これからもカントーの旅、がんばリーリエだぞ!」ピョン


リーリエ「あ、待って!」


リーリエ「…行っちゃいました。何だったんでしょうか…」


リーリエ「それにしてもポケモンが喋るなんて。いえ、あれはテレパシー?」


リーリエ「はぁ、カントー地方って凄いところですね」

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:45:35.36 id:tpsca4Ji0
ジガルデ・コア「……」


ジガルデ・コア「オロロロロロロロ!!!」





ジガルデ・コア2「どうやら無事最初のポケモンを貰ったようだぞ」


ヨウ「……」


ロトム図鑑「ジガルデを分散させてコアを数匹忍び込ませて見守らせるなんて」


ロトム図鑑「過保護すぎるロト」


ヨウ「……」

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:47:02.61 id:tpsca4Ji0
リーリエ「それで、これからどうしましょうか。フカマルさん」


フカマル「マル~」


リーリエ「そうですね、とりあえず↓2に行きましょう」


リーリエ「そこで今後どうするのか考えましょう」

 

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:47:48.57 id:BqIgPO150
ニビシティ

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:50:01.23 id:plrQV/H1o

 

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:51:42.35 id:tpsca4Ji0
ニビシティ


リーリエ「というわけでニビシティに来ましたが」


リーリエ「これからどうしましょう、ジムに挑戦するにも今の私じゃ絶対勝てませんし」


フカマル「マル~」


リーリエ「……」


リーリエ「…?」


↓2「どうかしましたか?」


リーリエ「あなたは?」

 

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:52:48.80 id:BqIgPO150
タケシ

 

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 17:55:26.51 id:tpsca4Ji0
タケシ「俺はタケシ、このニビシティのジムリーダーだ」


リーリエ「この街のジムリーダー!?」


タケシ「見たところ君はトレーナーなりたてのようだ。」


タケシ「よかったら何があったのか聞かせてほしい、俺はジムリーダーだ、君の悩みを解決してあげるよ」


リーリエ「それではお言葉に甘えて、実はバトルのことで…」

 

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:00:15.68 id:tpsca4Ji0
タケシ「なるほど、バトルに慣れなくて苦労しているのか」


リーリエ「はい、これじゃあなんのためにトレーナーになったのかわかりません」


タケシ「誰だって得意不得意がある。徐々に慣れていけばいいさ」


タケシ「そうだ!ちょうど初心者に打ってつけのトレーニングの場所があるんだ!」


リーリエ「トレーニングの場所ですか?」


タケシ「ああ。そこは多くの初心者トレーナーがレベル上げに使っている場所なんだ」


タケシ「君のフカマルもきっと強くなるだろう」


リーリエ「そうなのですか、それではそこにぜひ行かせていただきます」


タケシ「よし。あとこれは選別のモンスターボールだ。フカマルだけじゃジムを攻略するのは大変だ」


タケシ「これを使って野生のポケモンをゲットするんだ」


リーリエ「何から何までありがうございます!」


タケシ「別にいいさ。ある程度強くなったら俺のところに来てくれ。手合わせをしてあげよう」


リーリエ「はい!それでは!」

 

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:03:06.71 id:tpsca4Ji0
とある草むら


リーリエ「なるほど、確かにタケシさんの言う通り、ここにはたくさんのポケモンがいますね」


リーリエ「フカマルさんのレベル上げにぴったりですが、ほとんどフカマルさんの独断でポケモンを倒している気がしてます」


フカマル「マル~」


リーリエ「もっとバトルについて勉強したほうがいいですね。いっその事トレーナーズスクールを見学しましょうか」


リーリエ「…とりあえず今は特訓ですね。ある程度はレベルを上げたのでそろそろ野生のポケモンのゲットと参りましょう」


リーリエ「次出てきたポケモンをゲットします!」


ピョン!


野生の ↓3 が現れた!


リーリエ「行きますよ、フカマルさん!」

 

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:06:22.40 id:XNcA8KbYo

 

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:10:26.65 id:tpsca4Ji0
ピカチュウ「ピッカァ!」


野生の ピカチュウが 現れた!


リーリエ「ピカチュウさんですね。行きなさい、モンスターボール!」


ピカチュウ「ピカッ!?」ポン!


カチッ カチッ カチッ


ポン!


ピカチュウ「ピカ!」


リーリエ「あ、そうでした!野生のポケモンをゲットするときは弱らせないといけませんでした!」

 

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:12:44.47 id:tpsca4Ji0
ピカチュウ「ピィィィカァアアアッ!!!!」ドドドドドドド


リーリエ「10まんボルト!?」


ドォォォォォォォォォォン!!!


フカマル「マル~」


ピカチュウ「何!?」


リーリエ「フカマルさんは地面タイプ、電気タイプの技は効きません!」


ピカチュウ「ピィ…!」


リーリエ「フカマルさん!どろかけです!」


フカマル「マル!」ドドドン!


ピカチュウ「ピガッ!!!」ググッ!

 

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:14:20.54 id:tpsca4Ji0
リーリエ「今です、行きなさ…」


リーリエ「いえ、いけ!モンスターボール!」ポン!


ピカチュウ「…っ!」


カチッ カチッ カチッ


ポン!


リーリエ「やりました!ピカチュウゲットです!」


フカマル「マル~」

 

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:17:35.63 id:tpsca4Ji0
リーリエ「それじゃあ」ポン!


ピカチュウ「ピィ…」


リーリエ「これから一緒に旅をしましょうね、ピカチュウさん!」


ピカチュウ「……」


リーリエ「……」ニコッ


ピカチュウ「ピッカァ!」ニコッ


フカマル「マル~」


リーリエ「それではそろそろポケモンセンターに行きましょう。そろそろ日が暮れますし」

 

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:22:35.85 id:tpsca4Ji0
ポケモンセンター


「お預けになったポケモンは全て元気になりました」


リーリエ「ありがとうございます」


「またのご利用、お待ちしております」


リーリエ「さて、今度はお買い物でも…」


「ちょっとそこのお嬢さん、いいかな?」


リーリエ「あなたは?」


「私は↓3をトレーナーに売っている↓3おやじ」


「見たところ君は初心者トレーナーだね、だとしたらポケモンが少なくて大変だろう」


「そこでどうかな?秘密の↓3を500円で売ってあげるけど、買うかい?」


リーリエ「↓3ですか…。確かに手持ちを増やしたほうが旅も楽しくなると思いますし…」


リーリエ「わかりました。いただきます」


「まいど!あ、あとポケモンの返品はお断りだからね!」

 

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:26:06.49 id:BqIgPO150
ロコン(アローラのすがた)

 

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:29:48.17 id:tpsca4Ji0
ロコン(アローラのすがた)「コーン!」


リーリエ「まさかここでアローラの姿のポケモンが見られるなんて思いもしませんでした」


リーリエ「何だか懐かしくなっちゃいましたね」


ロコン「コーン!」


リーリエ「ふふっ。それじゃあ、これからよろしくお願いしますね!ロコンさん!」


フカマル「マル~」


ピカチュウ「よろしくな」


ロコン「コン!」

 

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:32:15.42 id:tpsca4Ji0
数日後


リーリエ「フカマルさん!げきりんです!」


フカマル「マルー!」


ポッポ「ポッ!」


リーリエ「ロコンさん!フリーズドライ!」


ロコン「コン!」


コラッタ「コォ!」


ピカチュウピカチュウさん、アイアンテール!」


ピカチュウ「ピッカァ!」


イシツブテ「イシッ!」


リーリエ「大分様になってきました。それじゃあそろそろジムに行きましょうか」

 

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:34:17.07 id:tpsca4Ji0
ニビジム


タケシ「この前の君か。待っていたよ」


タケシ「どれくらい強くなったのか見せてもらおうか」


リーリエ「はい!」


タケシ「俺の手持ちはこいつだ!」


イシツブテ「イラッシャイ!」


リーリエ「行ってください!ピカチュウ!」


ピカチュウ「ピカ!」

 

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:36:16.20 id:tpsca4Ji0
タケシ「電気タイプのピカチュウイシツブテと戦うつもりか。だが残念ながら俺のイシツブテは地面タイプも持っている」


タケシ「残念ながら電撃は…」


リーリエ「アイアンテール!」


ピカチュウ「ピカッ!」ゴッ


イシツブテ「イラッ!」グッ


リーリエ「続いてかわらわり!」


ピカチュウ「ピカ!」ガン!


イシツブテ「イラッ!」ググッ


タケシ「何!?」

 

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:38:10.16 id:tpsca4Ji0
リーリエ「対地面、岩タイプ対策も万全です!」


タケシ「くっ、負けるなイシツブテ!じしんだ!」


イシツブテ「イラッシャ…」


リーリエ「くさむすび!」


ピカチュウ「ピカ!」


イシツブテ「イラッ!」


ドォォォォォォォォォォン!


タケシ「何!?」


イシツブテ「イラ……!」


イシツブテは倒れた

 

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:41:19.46 id:tpsca4Ji0
リーリエ「まずは一勝です!」


ピカチュウ「ピカッ!」


タケシ「どうやらこの数日間俺の想像以上に鍛えたみたいだな」


タケシ「だが俺のイシツブテを倒せても、こいつは倒せるかな?」


タケシ「いけ!↓2!」

 

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:42:01.70 id:Z996IA4A0

 

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:47:35.33 id:tpsca4Ji0
ハガネール「ハガァァァァァァ!!!」


リーリエ「ハガネール!?」


ピカチュウ「ピカッ!?」


タケシ「イワークだけじゃ限界があるからな、被ってしまったがハガネールに進化させたんだ」


ピカチュウ「チッ、面倒だな」


リーリエ「それでも、弱点は変わりません」


リーリエ「ピカチュウさん!かわらわりです!」


ピカチュウピカチュウ!!!」


ガン!


ハガネール「グォォォォ!」


タケシ「ハガネールの鋼の身体にダメージを与えるとはやるな」


タケシ「だがこれで終わりだ!ストーンエッジ!」


ハガネール「ネール!」ドン!

 

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:48:57.29 id:tpsca4Ji0
ピカチュウ「かはっ…!」


バタリ


ピカチュウは倒れた!


リーリエ「ああ!ピカチュウさん!」


タケシ「さあ、次のポケモンを出すんだ」


タケシ「俺を本気にさせてみろ!」


リーリエ「っ…。行ってください!ロコンさん!」


ロコン「コーン!」

 

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:51:29.59 id:tpsca4Ji0
あられが降ってきた!


タケシ「白いロコン?あられ?なるほど、あれが噂のリージョンフォームか」


タケシ「だけど本来のロコンならまだしもそのロコンでハガネールを倒すのか?タイプ的に相性は不利だ」


リーリエ「オーロラベール!」


ロコン「コォン!」


キラキラキラキラ…


リーリエ「これで持ちこたえてください!」


タケシ「そんなもの俺のハガネールに通用しない!」


タケシ「ハガネールメガシンカ!」


リーリエ「!?」

 

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:52:51.12 id:tpsca4Ji0
メガハガネール「ネェェェェル!」


リーリエ「メガシンカ!?」


ピカチュウ「ピカァ…」


タケシ「ハガネールアイアンテール!」


メガハガネール「ネェェェェル!!!」


ゴォン!


ロコン「!!!」


リーリエ「ロコンさん!」


ロコン「コッ…」


ロコンは倒れた

 

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:55:00.10 id:tpsca4Ji0
リーリエ「…」


タケシ「さあ、もう後はないぞ」


リーリエ(見るからに強そうですけど、レベル差はそれほどないはず)


リーリエ(だったら)


リーリエ「お願いします、フカマルさん!」


フカマル「マル~」


タケシ「地面タイプか、だがフカマル程度なら問題ない!」


タケシ「いけ!ハガネールアイアンテール!」


メガハガネール「ネェェェェル!!!」ゴゴゴゴゴゴ!

 

68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 18:56:27.16 id:tpsca4Ji0
リーリエ「あなをほる!」


フカマル「マル!」ドドド!


タケシ「じしんだ!」


ゴゴゴゴゴゴゴ!


リーリエ「!?」


タケシ「勝負あったな、これで俺の」

 

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 19:00:21.55 id:tpsca4Ji0
ドン!


フカマル「マル~」


メガハガネール「ガッ!?」


タケシ「何!?」


リーリエ「オーロラベールでダメージを軽減させたんです」


タケシ「だがもう一発食らえば俺の勝ちだ!」


リーリエ「フカマルさん!りゅうのいかりです!」


フカマル「マル~」ドドドドド


タケシ「!?」


メガハガネール「ガァァァァァァァァァァ!!!」


リーリエ「初心者相手だとジムのポケモンのレベルは必然的に低くなります」


リーリエ「つまり体力も低くなり、固定ダメージですら致命傷になります!」

 

70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 19:01:25.32 id:tpsca4Ji0
メガハガネール「ガッ、アッ…」


ドォォォォォォォォォォン!


メガハガネールは倒れた


タケシ「まさか、こんなことが」


リーリエ「私の勝ちです!」


フカマル「マル~」

 

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 19:02:59.87 id:tpsca4Ji0
タケシ「いやぁ、久しぶりに面白い試合だった。君には礼を言うよ」


タケシ「そしてこれがグレーバッジだ。おめでとう」


リーリエ「ありがとうございます!」


リーリエはグレーバッジを手に入れた!


タケシ「そしてこれはわざマシンだ、有効に使ってくれ」


リーリエ「はい!」


フカマル「マル~」

 

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 19:04:36.52 id:tpsca4Ji0
リーリエ「これが私が手に入れた初めてのジムバッジ」


リーリエ「これで少しはヨウさんに近づいたのでしょうか」


フカマル「マル~」


リーリエ「ふぅ、なんだかとても疲れました。ポケモンセンターで休みましょうか」


フカマル「マル~」


ピカチュウ「ああ」


ロコン「コン!」

 

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 19:08:27.91 id:tpsca4Ji0



リーリエ「フカマルさん…げきりん……ムニャ……」


ジガルデ・セル「………」


ジガルデ・コア「………」



ジガルデ・コア2「無事一つ目のバッジを手に入れたぞ」


ヨウ「………」


ジガルデ・コア「あと今熟睡中だ。パジャマの色はピンクだ」


ヨウ「!?」


ロトム図鑑「これもうただのストーカーだロ」

 

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 19:10:51.15 id:tpsca4Ji0
翌日


リーリエ「さて、服も買ったことですし、そろそろ次の街に行きましょう!」


フカマル「マル~」


リーリエ「それじゃあ次の街に向かって出発です!」


ロコン「コン!」


ピカチュウ「ピッカァ!」


リーリエのカントー地方巡りは、まだまだ続く



終わリーリエ

 

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/08(木) 21:57:14.99 ID:9J6N9y3zo
普通に読んでただけなのにピカチュウの台詞で不覚にもふきだしてしまった