ポケドラSS

ゲーム系SSをまとめます

【ポケモン】リーリエ「母さま……どうして……?」【サンムーン】

1: ◆cad9vEEdTSaN 2016/12/30(金) 01:09:24.34 id:XuZsMzIJ0
ルザミーネ「どうかしら リーリエ」


その日、母さまはいつもと違う格好をしていました。
長い髪を一つにまとめて、動きやすそうな服装で。


リーリエ「ステキです! フォルム……イメージチェンジですね!」

ルザミーネ「ふふ、ありがと」


半袖にパンツルック。年齢を感じさないスタイルの良さ。
わたしにはない 格好良さと美しさがあります。


でも どうして急に?


ルザミーネ「あなたを見習ったの……私も、ゼンリョクを出したいことが見つかったから」


リーリエ「え……それって」


ルザミーネ「あぁ、安心してちょうだい。前みたいに キケンなことではないから」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483027764

 

2: ◆cad9vEEdTSaN 2016/12/30(金) 01:15:28.17 id:XuZsMzIJ0
ルザミーネ「もう、ヒドイことはしないから。あなたはイイコにして……いえ」


母さまは やさしく微笑むと わたしを抱き寄せて。
おデコに キスをしてくれました。


ルザミーネ「あなたは あなたの好きにしなさい」

リーリエ「はい!」

ルザミーネ「ふふ。それじゃあ、行ってくるわね」


母さまはとてもイキイキしていて。
なんだかわたしも嬉しくなって 笑顔で見送りました。

ステキなことがありそうだと 胸を弾ませて。

 

3: ◆cad9vEEdTSaN 2016/12/30(金) 01:15:57.51 id:XuZsMzIJ0


その夜 母さまは 帰ってきませんでした。

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 09:31:07.90 id:kTt8zGUco
またリーリエのハイライトが

 

12: ◆cad9vEEdTSaN 2016/12/30(金) 22:12:38.85 id:uGEzH4YvO
リーリエ「……んぅ?」


まだ、オニスズメたちも眠っている明け方。
ドアの開くような音で、ぼんやりと目が覚めました。

母さまが 大分遅く……朝になって 帰ってきたのです。


ルザミーネ「ふぅ……」


寝ぼけた目で見る母さまは、なんだかとても疲れているようで。
それでも、とても楽しそうに見えました。


リーリエ「かぁ……さま……」


それなら 良かったと。
まだとても眠かったわたしは 眠気に抗うことなく意識を手放しました。

 

13: ◆cad9vEEdTSaN 2016/12/30(金) 22:13:30.49 id:uGEzH4YvO

行きと帰りで 母さまの服装が変わっていたこと。
その事に気が付いたのは 今より ずっと後でした。

 

17: ◆cad9vEEdTSaN 2016/12/31(土) 17:53:15.77 ID:/eXRoHQ8O
「行っておいで! マッシブーン!」


ウルトラボールから繰り出される、筋骨隆々の異形。
トレーナーの掛け声に応じるように、筋肉を強調するポーズを見せ付ける。

赤い巨躯に虫の翅、長い口吻とアローラ地方ポケモンとは全く違う特徴を持つ生き物。

その名をウルトラビースト・マッシブーン――異次元から来た、ポケモンの1種である。


「マッシブーン! ストーンエッジ!」


そして、マッシブーンに指示を出す少年こそアローラ地方・初代チャンピオン。

最強の座を狙い各地からやって来るトレーナー相手に、日夜戦いを繰り広げているのである。

 

18: ◆cad9vEEdTSaN 2016/12/31(土) 18:17:54.52 ID:/eXRoHQ8O
「……」


バトルは、少年の勝利で終わった。
マッシブーンの見た目に違わぬ剛力と、少年の適切な指示。
そして何より、お互いの間にある絆が、防衛戦を成功させた。

挑戦者は強力なドラゴン使いだったが――少年を倒すまでは至らなかった。


「……」


バトルが終わり、挑戦者も帰ればポケリフレの時間。
砂埃で汚れてしまったマッシブーンの体を、ブラシで綺麗にしてあげる。
ガンバったご褒美として、ポケマメをあげる事も忘れない。


「――♪」


少年の手から与えられるポケマメをちゅうちゅうと吸うマッシブーン。
バトルで活躍し、褒められたマッシブーンはとても喜んでいるようだ。
鳴き声をあげながら、いつもよりキレの良い動きでポージングをしている。


「……」


当然だが、マッシブーンは喋れないし見た目も他のポケモンとは大きく変わっている。
それでも、心は通じ合っていると、少年は信じていた。

 

22: ◆cad9vEEdTSaN 2016/12/31(土) 20:51:23.30 id:srrLPvZA0
ルザミーネ「お疲れさま 今日も大活躍ね」


ポケモンたちの手入れを終えて、一息つく少年に差し出されるおいしい水。
ありがとう、とペットボトルを受け取ると一息に飲み干す。


ルザミーネ「ふふふ……やっぱり、あなたはステキなトレーナーね」


目を細めてクスクスと笑うルザミーネ。
少年とウルトラビーストたちを見守るその笑みに、以前のような執着はない。
ただ純粋に、一人の女性として、微笑みを浮かべていた。


ルザミーネ「ところで なんだけど」


ルザミーネ「ステキなレストランの予約が取れたんだけど 今夜 どうかしら?」


ルザミーネ「きっと マッシブーンたちも 喜ぶと思うわ」



少年は、その言葉に悩む事なく頷いた。